未分類

未分類

迷惑メールフォルダーに知財実務情報Lab.からのメールが入らないようにする方法(Gmail編)

  知財実務情報Lab.からのメールが迷惑メールフォルダーに入ってしまう方がいらっしゃるようです。    対策は色々とあると思うのですが、以下にGmailにおける対策を記します。   Gmailを利用している方は、以下の1~4の順に調整してみて下さい。   非常に簡単で、おそらく1~2分でできます。よろしくお願い致します。     1.Gmailで知財実務情報Lab.からのメールを開く。   2.右上の...
セミナー

「特許の権利維持・放棄の判断基準と価値評価の考え方~大王製紙、花王を例に挙げて~」と題するセミナーを2/25に開催します。

こんにちは、弁理士・技術士の高橋です。特許権を維持するには特許料(いわゆる年金)を特許庁へ支払う必要がありますが、特許権の数が多くなってくると結構な金額になりますよね。そこで不要な権利については年金支払いをやめて捨てれば良いですが、せっかく労力とコストをかけて権利をとったわけですし、簡単には捨て難いですね。また、いったん捨ててしまえば原則として権利を復活させることはできないし、そういう捨てた権利に限って数年後に役立つことがあり、「あのとき捨てなければよかった!」等と...
セミナー

<無料>『明細書における【背景技術】の書き方』と題するセミナーを2021/11/1~11/14の2週間のみ公開します。

『明細書における【背景技術】の書き方』と題するセミナーを開催します。 かなりマニアックな内容です。無料です。 2021/11/1~11/14の2週間のみの公開になりますので、ご興味があれば視聴してください。 動画セミナーの内容(目次)は以下の通りで、約30分です。 (1) よくある【背景技術】の例 (2) 何がマズいのか (3) どのように書けばよいのか (4) <オマケ> 私はこのように書いています。 視聴方法 知財系の動画セミナーを視聴いただくため...
セミナー

「外国特許出願(米・欧・中・韓)の中間処理対応の全体像と各国比較」と題するセミナーを11/19に開催します。

こんにちは、弁理士・技術士の高橋です。以前と比べて、最近は外国出願するケースが増えていますよね。 「日本人の日本国への出願件数は減っているが、PCT出願件数は増えている」という統計データもありますので、外国出願が増えているのは間違いないなさそうです。 さて、外国の中でもどこの国に出願するかですが、やっぱり、米、欧、中、韓が多いですよね。これらの主要国は、今も昔も外せません。 ここで1つ困ったことは、米、欧、中、韓の中間対応の方法が異なるということで...
未分類

パラメータ発明の権利化/権利化阻止の実務【第12回知財ゼミ、7/12~】

下記の通り、パラメータ発明に関する第12回の知財ゼミを7/12~8/1までの3週間開催いたします(申込期間は7/12~25の2週間)。 完全ネット上でのセミナー&勉強会です。ご興味をお持ち頂けた場合は、お早めにお申込みください。なお、2018年8月、2019年2月、4月、9月、2021年2月に開催した第4回、第7回、第8回、第10回、第11回知財ゼミと概ね同じ内容です。ご注意ください。 また、2018年12月5日、2019年6月27日に開催した第5回、第...
セミナー

<無料>『クレーム作成時の幾つかの悩ましい問題』と題するセミナーを6/28~7/11の2週間のみ公開します。

私は17年も明細書を書き続けていますが、クレームを作るときに、未だに悩むことがあります。 また、初心者の頃は悩んでいたのですが、その後、経験を積んで、解決したようなこともあります。 そのようなことをセミナーにまとめてみました。 2021/6/28~7/11の2週間だけの公開になりますので、 ご興味があれば視聴してください。 動画セミナーの内容(目次)は以下の通りで、約51分です。 (1) 請求項に「解決手段」を記載するが、請求項の中に更に「効果」を記載すると...
セミナー

【無料】『発明を埋もれさせないために知財部が行うべき「発明者教育」(案)』と題するセミナーを5/31~6/13の2週間のみ公開します。

私は以前、発明者でしたが、発明を文書化・顕在化させることが大キライでした。 大変だからです。 おそらく多くの発明者はこのように考えています。 特許出願なんて、できればやりたくない仕事だと思います。 しかし、知財部としては、発明者が発明を文書化・顕在化してくれないと、仕事になりません。 それではどうすれば発明者は発明を文書化・顕在化してくれるのでしょうか? その対策案をセミナーにまとめました。 5/31~6/13の2週間だけの...
未分類

特許事務所のベテラン弁理士が明細書の修正を依頼しても聞き入れない場合の対処方法

こちらの無料Webセミナー()を視聴して頂いた方からの質問に回答したいと思います。 なお、以下はYoutubeチャンネルでも公開していますので、動画で見たい方は上記の動画を視聴して下さい(ほぼ同じ内容です)。 <質問> 「代理人の特許事務所は、若手の特許技術者が技術も法律もよく理解した良い明細書を書いてくださるのに対し、年配の弁理士の明細書には度々閉口させられています。色々反論するのですが、反論の根拠をきちんと示すためにも、知財担当の私自身が理論武装しなければならない...
未分類

無料相談は得なのか?

先日、「社内に知財部門を新設したばかりで、担当者もまだ知財に詳しくない」 という会社から、出願前の発明について相談を受けました。 ちなみに相談は有料です。   発明内容を検討してみると、先行技術との差異が小さく、効果が高いことを示す実験データもそろっていないので、 「現時点では出願しても特許は取れないので、現時点では出願すべきでない」 「先行技術に対する効果を主張する(進歩性を出す)ために、今後、行うべき実験の内容」 「自社実施確...
セミナー

「製法クレーム作成のノウハウ」と題するセミナーを2/27~3/12の2週間だけ公開します。

よくみる製法クレームの問題点 <その1> 以下のようなクレームをよく見かけます。 【請求項1】 半導体基板上に半導体層を積層する工程と、 前工程によって得られた、前記半導体層が積層された前記半導体基板を加熱する工程と、 前工程によって得られた、前記半導体層が積層され、加熱された前記半導体基板における端面に溝を形成する工程と、 を備える、半導体の製造方法。 このクレームに記載の発明は、かなり単純な発明です。図で書けば次のような感じでしょう。 ...